Blogスイス漆喰「カルクウォール」とは?内装材として用いるメリット

HOME > 家のことブログ > スイス漆喰「カルクウォール」とは?内装材として用いるメリット
2020-08-17

ガーディアンホームでは、室内壁の仕上げに漆喰(しっくい)を使っています。特におすすめしているのが、スイス生まれの天然漆喰「カルクウォール」です。非常に質の高い漆喰で、日本だけでなく世界中で使われ続けています。

 

今回は、なぜカルクウォールがそんなにも良いと言われるのか、その理由について解説します。自然素材の家を建てたい方、内装に悩まれている方は、参考にしてくださいね。

そもそも漆喰ってどんな素材?

漆喰(しっくい)の主原料は、天然の「石灰」です。サンゴ礁やプランクトン、貝殻などが、長い年月をかけて堆積してできた石灰石をもとにつくられています。

 

この石灰石を焼くと「消石灰(水酸化カルシウム)」に。ここに水や糊などを加えて練ったものが「漆喰」で、外壁や内装にコテなどで塗りつけて仕上げていきます。

 

スイス漆喰「カルクウォール」の特徴

参照:スイスウォール

 

カルクウォールは、スイスアルプスの石灰でつくられた天然漆喰です。世界でも最高品質の漆喰として、住宅だけでなくお城や教会といった建物にも広く使われているんですよ。他の漆喰との違いは、材料と製法にあります。

 

材料へのこだわり

安価な漆喰は純度30~70%の石灰石が使われることが多いのですが、カルクウォールは純度98%。高品質な材料を使うことで、安全性が高く、光り輝くような白さを持っています。

 

300年以上前から続く伝統製法

現代だと高温短時間で焼いてつくられる漆喰も多いなか、カルクウォールは低温で1週間かけて焼成し、水を加えて6ヶ月間も熟成しています。じっくり焼成・熟成させることで、高い強度や柔軟性に。

 

内装にカルクウォールを使う5つのメリット

カルクウォールは外壁にも内装にも使えますが、ガーディアンホームでは内装材として用いています。外壁材には撥水効果が高く、汚れにくいドイツ漆喰の「STO」を採用しているので、こちらはまた別に解説しますね。

 

カルクウォールを内壁材を使うと、次のようなメリットがあります。

 

1.壁自体が上質なインテリアに

日本のほとんどの住宅でつかわれる、室内のビニールクロス・外壁のサイディングとは違い、漆喰の塗り壁はコテやハケでさまざまな表情をつけることができます。

 

あえて表面を平らにせず塗りあとを残したり、扇状や筋状の模様をつけたり。安価な漆喰のなかには仕上がりがのっぺりしてしまう商品もありますが、不純物の少ないカルクウォールは表情豊かに仕上がります。

 

 

2.室内がぱっと明るくなる

カルクウォールは、STOよりも白色が強いのが特徴!内装材に使うと、室内がぱっと明るくなりますよ。

 

真っ白な漆喰の壁は「汚れるのでは?」と不安になるかもしれませんが、実は汚れにくくメンテナンスもしやすい素材。

手垢などの軽い汚れは消しゴムなどでこすって消すことができ、画鋲の穴あきは自分で簡単に補修が可能。落ちにくい汚れがあれば、紙やすりでこすり落としたり、上からタッチアップもできますよ。

 

 

3.天然素材100%だから安心

家は1日の中で長い時間をすごす場所。赤ちゃんから大人まで安心して暮らすため、体に優しく安全な素材を使いたいですよね。

 

スイス漆喰のカルクウォールは、天然素材100%・アレルギーなどの原因となる、合成接着剤などの化学物質が、一切使われていません。全成分が公開されているので、どんなものが含まれているのか、ご自身の目で確認していただけますよ。

4.抗菌作用&消臭効果がある

カビの生育環境はpH8.5、一般細菌はpH9くらいまで。

カルクウォールは石灰石の含有率が高く、pH12以上の強アルカリ性なので、カビや細菌が繁殖しにくい環境です。

 

またシックハウス症候群の原因の一つである「ホルムアルデヒド」などの有害物質を、無害な物質へと分解する作用も。マイナスイオンで気になるニオイも中和してくれる消臭効果もあります。

5.湿度を調整して過ごしやすく

カルクウォールは細かい穴がたくさんあいた「多孔質構造」になっています。漆喰にとって、この多孔質の細かさがとても大切です。

 

細かい多孔質で、水分を吸ったり吐いたりするので、湿気が多い日や室内干しも快適に。冬に部屋が乾燥しすぎるのも防いでくれます。また、空気をたっぷりと含むので、寒い冬の日に暖かさを保つ効果も。

 

 

まとめ

「自然素材で安心」というだけでなく、調湿・抗菌・消臭作用で快適に暮らせる空間をつくってくれるカルクウォール。光り輝く白さと、美しい質感も魅力です。

初期投資はかかってしまいますが、メンテナンスを楽しみながら長く付き合っていくことができますよ。

 

自然素材の家に興味がある方も、「何から取り入れたら良いかわからない」と悩まれるかと思います。横浜市のガーディアンホームでは、ご予算とのバランスも考えて、どんな素材を使うのか一つひとつ決めていきます。あなただけのおしゃれで愛着のわく家づくりを、いっしょに楽しみましょう。

 

>> 理想の暮らしを叶える「ガーディアンスタイル」

>> 北欧風の新しい暮らし「カーサ リンネル」

>> 南欧風がかわいらしい「カーサ カリーナ」

>> コスパに優れたかわいいお家「ソレリーナ」

 

来店予約
資料請求
お問合せ

tel.045-900-1470

Open 9:00 ~ 18:00

ガーディアンホーム|ガーディアンズ株式会社
〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
建設業許可番号 神奈川県知事許可 第85415号

Copyright©Guardian Home. All Rights Reserved.