Blog内装仕上げ材はどんな種類を選ぶ?~クロス・タイル・板張り・漆喰・珪藻土~

HOME > 家のことブログ > 内装 > 内装仕上げ材はどんな種類を選ぶ?~クロス・タイル・板張り・漆喰・珪藻土~
2020-12-04

インテリアを大きく左右する要素の一つが、壁や天井などの仕上げ材。
賃貸マンションなどだとビニールクロスが大半ですが、他にもタイルや板張り、塗り壁などさまざまな種類があります。デザインの好みはもちろんですが、汚れの落としやすさや水への強さなど、さまざまな機能も暮らしに合わせて選ぶことができますよ。

今回は、内装仕上げ材の種類と特徴をまとめました。せっかく注文住宅を建てるなら、色んな素材からこだわって選んでみませんか?

クロス

クロス

壁や天井に最もよく使われる仕上げで、いわゆる壁紙のこと。ポリ塩化ビニルでつくられた「ビニールクロス」のほかに、「紙クロス」「珪藻土クロス」「織物クロス」などもあります。

色やデザインのバリエーションが多く、価格もリーズナブル。白いシンプルなクロスだけでなく、色物や柄物、立体的な模様のついたクロスまで、お好みの表情を楽しめます。お部屋の4面の壁のうち、1面だけを色柄ものにするアクセントクロスも人気です。

また、汚れ防止や防カビ、抗菌、ペット用クロスなど、さまざまな機能をもたせた商品もあります。子供部屋には汚れが落ちやすくてかわいいデザインクロスを、水回りには耐水性の強いものを…などお部屋の用途に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

タイル

タイル

陶器や磁器などでできており、耐久性がある内装材です。経年変化が少なく、きれいな状態で長く使うことができます。

高級感がありますが、そのぶん値段も高め。キッチンの背面や洗面所の正面、ニッチ部分のアクセントやトイレの1面だけ…など部分的に使われることが多いです。さまざまな種類のタイルを組み合わせて、オリジナルのデザインも楽しめます。

タイルは水に強いので、キッチンや洗面所などの水回りによく使われてきました。しかし最近は調湿・消臭などの機能をもつ商品があるので、リビングや寝室などで使われることも増えています。

板張り

板張り

木材は床に使うイメージがあるかもしれませんが、壁や天井に張って仕上げることもあります。お部屋に木のぬくもりをプラスすることで、高級感や落ち着いた雰囲気を演出できます。

無垢材を使うこともありますが、壁材として使うのは合板などでできた基材に、薄い木材の板や木目シートを貼り付けたものが一般的です。木の種類によって、さまざまな色や表情が楽しめます。

また、ペットのいるご家庭などにおすすめなのが、壁の下半分だけに張る「腰壁」。ビニールクロスだとひっかき傷などですぐにボロボロになってしまいますが、板を張ることで傷や汚れに強くなります。

漆喰

漆喰

体や環境にやさしい仕上げ材として注目が集まっているのが、漆喰や珪藻土などの塗り壁です。

漆喰は、石灰にふのりや粘土などを練り合わせたもの。漆喰自体が呼吸しており、「調湿効果」があります。ジメジメした日は余計な水分を吸い、乾燥した日に放出してくれるので、湿気の多い日本でも快適な湿度に整えることができますよ。

抗菌・消臭効果もあるので、お子さんやペットのいるご家庭にもおすすめ。初期費用は高めですが、ビニールクロスのように定期的な張り替えが不要なので、トータルコストは抑えられます。

ガーディアンホームでは、スイスの「カルクウォール」という非常に質の高い漆喰を使っています。天然素材100%で安心。美しい白さでお部屋がぱっと明るくなりますよ。

>> スイス漆喰「カルクウォール」とは?内装材として用いるメリット

珪藻土

珪藻土

珪藻土は、消石灰が主原料の塗り壁。漆喰と同じように調湿効果がある素材で、弊社の事務所でも使っております。

珪藻土だけでは固まらないので、漆喰や樹脂などと混ぜ合わせて固めます。このとき混ぜ合わせる固化剤は、メーカーによってさまざまです。

樹脂を混ぜると天然ではないというイメージもありますが、材料代が下がり、施工もしやすくなるので、お手軽に塗り壁を取り入れることができます。

逆に漆喰は、それ自体に固まる性質があるので、余計なものを混ぜなくても良いシンプルさが魅力です。塗り壁にしたいがどちらか迷うという方は、求める仕上がりやご予算などをお聞きして、どちらを選ぶかご提案させていただきます。

まとめ

壁や天井はお部屋のなかでもかなり大きな面積を占めるため、インテリア全体とのバランスを考えて決めることが大切です。面積の大きさや光の当たり方でもイメージが変わるので、なるべく大きな見本で確認したり、実際に使っているお部屋を見に行ったりするのがおすすめです。

ガーディアンホームは漆喰などの塗り壁も得意としております。高いイメージもあるかもしれませんが、ご予算に合わせてご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。

来店予約
資料請求
お問合せ

tel.045-900-1470

Open 9:00 ~ 18:00

ガーディアンホーム|ガーディアンズ株式会社
〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
建設業許可番号 神奈川県知事許可 第85415号

Copyright©Guardian Home. All Rights Reserved.